オール電化はメリットがいっぱい

オール電化はメリットがいっぱい

住宅をオール電化にすると様々なメリットがあります。
光熱費が安くなる金銭的なメリット、火を使わないので火災の心配が少なくなる精神的なメリット、エコキュートやIHクッキングヒーターなどオール電化住宅で使用する設備は、CO2を発生させないので環境を汚染しないメリットなどです。

そもそもオール電化住宅とはどういった住宅なのかというと、家庭で必要な熱源を、全て電気で賄っている住宅のことを言います。
家庭で熱源として使われるものには、電気、ガス、灯油などがありますが、それらの熱源を併用せずに、給湯、調理、冷暖房のすべてに電気を使って生活をします。

オール電化にして、光熱費を大幅に削減するには、自宅で太陽光発電を行なうのが一番効果的です。
太陽光発電は導入に多少費用は掛かりますが、一度導入すれば、光熱費ゼロで生活することも出来るので、かなり経済的です。

それに自宅で電力を作るということは、何より省エネですし、環境保護にも大きく貢献することになります。
しかし、オール電化住宅で太陽光発電を導入することが出来なくても、深夜電力を効果的に利用すれば、光熱費を削減することも可能です。

まず、ガスの契約がなくなるので、ガスの基本料金がなくなります。エコキュートを導入すれば、給湯にかかるコストも大幅に削減されます。
エコキュートは主に深夜電力を使ってお湯を沸かすのでとても経済的です。ガスの給湯と比べると約5分の1のコストで済むからです。

実は、家庭で使われる電力の約3分の1が給湯に関わるコストなのです。

エアコンや冷蔵庫などの電化製品を使う時には、温度設定を工夫したり、開け閉めを素早くしたりして省エネを心掛けるようにしている人は多いと思いますが、給湯については、節水を心掛ける気持ちが働いても、お湯を沸かすコストまでは気にしないのが実情ではないでしょうか。

しかし、先程お話した通り、家庭で使われる電力の3分の1が給湯のコストと考えれば、オール電化にして、エコキュートを導入するメリットの大きさについて、お解りいただけるのではないでしょうか。

火災の心配が少なくなる精神的なメリットについては、子どもやお年寄りだけでなく、オール電化住宅で生活する全ての人にあると思います。
いつの時代でも悲しいことに、調理中の火災や灯油の暖房による火災はなくなることがありません。

注意して生活しているつもりでも、ついうっかり調理中の火を忘れてしまうこともあるのです。家庭の中に火災の危険性のあるものがある限り、そのリスクはどうしても避けられないのです。

オール電化住宅にすることにより、その危険性があるものを排除すれば、おのずと火災のリスクは減ります。
IHクッキングヒーターからは火が出ません。
なので、火のたち消えの心配もなく、中毒事故を起こすこともないでしょう。

これから日本はどんどん高齢化社会になっていきます。
一人暮らしの高齢者住宅も増えていくことでしょう。離れて暮らす親の日常生活を心配する子ども達にとって、火、火災、中毒は一番の心配の種です。

オール電化住宅に住むことによって、その心配の種が一つでもなくなれば、お互いに大きなメリットといえるでしょう。
オール電化住宅が増えていくことによって、世の中の悲しい事故は減っていくのではないかと思っています。

それから、オール電化の住宅設備は環境に優しいエコな商品なのです。
なぜなら、エコキュートやIHクッキングヒーター、エアコンは空気を汚さないからです。ガスや灯油を燃焼させるとCO2とH2Oが発生します。

オール電化住宅ならどちらも排出することはありません。
その結果、換気の必要性も少なくて済むので、冷暖房で冷やした空気、暖めた空気を効率的に利用することができます。

オール電化住宅のメリットを最大限に生かすためにも家作りは高気密高断熱にして、そして熱交換が出来る24時間換気システムを導入しましょう。

熱交換ができる換気システムなら、換気による温度の変化を最小限に留めてくれるので快適に生活をすることが出来ます。
いくら住宅設備からのCO2の排出がなくても、人間からはCO2が排出されるので空気はあっという間に汚れてしまうものなのです。

空気の汚れについで、住宅の中で気になることと言えば、結露の発生ではないでしょうか。冬の結露は本当に嫌なものです。
窓ガラスや窓枠、酷いときには壁までビッショリ濡れていることもあります。

オール電化住宅では、そんな嫌な結露の発生を抑えてくれます。
電気での暖房や調理時には水蒸気が発生しません。

そして高気密高断熱で24時間計画換気を行っていれば、結露は殆ど起きることはないでしょう。面倒な結露取りからも解放されます。
結露は窓や壁見えるところだけでなく、家の内部にも起きます。そうなると、カビやダニも発生してしまい、人体にも、家自体にも悪影響を及ぼしてきます。

健康と家の寿命に関わる結露は出来るだけ発生させないように生活したいものです。

オール電化住宅にすることを躊躇ってしまう理由の一つに、停電や災害による不安が挙がるかも知れませんが、 その心配はいらないと言ってもよいと思います。
災害時に一番復旧の早いライフラインは電気です。

オール電化であれば、いち早く、家庭でもとの生活に戻れます。 ガスの給湯もスイッチやリモコンは電気を使って制御しているので、ガスが使えても電気が使えなければお湯は出ないのです。

停電時の状況は一緒なのです。
災害時に備えて、オール電化住宅でもカセットコンロや石油ストーブを準備しておけば、数日間の停電にも耐えることが出来ると思います。

災害時にとても役立つがエコキュートです。
エコキュートは外のタンクにお湯を貯めています。

そして、そのお湯は災害時に使えるようになっているのです。
エコキュートの自己点検、自己清掃の作業手順が災害時の使用法になっているので、もしもの時にも慌てなくて済みます。 このようにオール電化のメリットは沢山あるのです。

住宅について考える時、オール電化住宅についても考えてみませんか。
賃貸をする時、建売や注文住宅を購入する時、リフォームする時、太陽光発電を導入する時など、きっかけは様々あると思います。

将来、オール電化住宅に住みたいと思っていて賃貸をする場合は、一度オール電化住宅に暮らしてみて、実際に体験して決めるのも良いのではないでしょうか。
現在、オール電化住宅は増加の一方だと思います。
ですので、賃貸でも建売でもオール電化を条件に探すのは、それ程困難はないと思います。

また、体験型の宿泊モデルハウスや、ショウルームでのIHクッキングヒーターを使っての料理教室などもよく開催されているので、是非体験することをお薦めします。

実際にオール電化の設備に触れてみたり、オール電化を導入している人の体験談を聞いたりすることは、とても参考になると思いますし、オール電化を導入した後に不満や後悔を感じることもなくなると思います。

あなたも、様々なメリットがあるオール電化住宅に住んで快適な暮らしを始めてみませんか。

太陽光発電ハートフルナビ
太陽光発電はアモルファスシリコン太陽電池が使われているといわれています