オール電化はメリットがいっぱい

オール電化はメリットがいっぱい

オール電化のメリットを最大限に生かすためにも、オール電化住宅は高気密・高断熱の設計であると良いのです。 高気密・高断熱住宅にする場合、気密性、断熱性、計画換気において、よく考えて設計する必要があります。

まず、気密性についてですが、気密性とは空気を家の中に閉じ込める性能のことを言います。気密性が高いと冷暖房などで管理された空気を上手にコントロールすることが出来るので、無駄なエネルギーを使うことなく、経済的にも、エコにも役立ちます。

気密性を高めて、快適に暮らすためは計画換気を行うことが大切な要素になってきます。住宅における気密性能を表す数値として、C値というものがあります。
住宅を購入する際、口頭でこの住宅は高気密で高断熱の素晴らしい家ですと売り込まれても、実際に住んでみなくては解らないし、性能以上の営業を行なっている可能性もないとは言えません。

その時は、このC値について尋ねてみて下さい。
本当に自信がある営業を行なっているのであれば、書面でC値のデーターを出せるはずです。

次に断熱性についてですが、断熱性とは住宅の熱が出入りする場所において熱の損失を防ぐ性能のことを言います。
断熱材を厚くしたり、断熱効果の高い断熱材を使ったりして、屋根、天井、壁、床からの熱の損失を防ぎます。

窓はペアガラスが基本で、断熱効果や遮熱効果を高めたLOW-Eのペアガラスにするとさらによいでしょう。

窓の断熱を高めると結露を防止することが出来ます。
その際、窓枠がアルミ性だと、その部分が結露を起こしてしまうので樹脂性の窓枠を選ぶようにしましょう。

玄関ドアも断熱効果の性能を表して販売をしているので、断熱効果が高いものを選ぶとよいと思います。 そして、この断熱性にこだわることにより、冷暖房を上手にコントロールして、効果的に使うことが出来るのです。

そして、計画換気についてですが、換気は健康にも係わるとても重要なものです。気密性を高めているので、自然に換気は行なわれません。

気密性が高いゆえ、換気を怠ると、あっという間に空気は汚れてしまうのです。 昔の住宅は隙間風が入ってしまうような建築も多々あったので、シックハウスになってしまうこともなかったようですが、気密性の高い現在の住宅ではシックハウスになってしまう可能性が高いのです。

よって、法律でも計画換気は定められています。

現在建築される住宅の全ての居室には換気口がありますが、その換気の方法は様々です。暖めたり冷やしたりした空気を逃さないように、熱交換機を使った24時間換気システムが一番のお薦めです。 高気密・高断熱にすると、全館冷暖房が少ないエネルギー利用で可能になり、夏涼しく、冬暖かい家になります。

家の中の室温が、どの部屋に行っても一定であると、とても快適な生活になります。扉を開けるごとに、ヒヤッとしたり、もあっとしたり、不快な経験は誰しもしたことがあるはずです。

温度差は不快であると共に、ヒートショックを起こす可能性もあるので、健康面から考えても避けることは理想的だと思います。

また、上下階の室温が一定にコントロールできるということは、家の設計、間取りにおいても大きなメリットがあります。

大きな吹き抜けを作ったり、仕切りを少なくした開放的な間取りにしたりしても、冷暖房を効果的に経済的に使うことが出来るからです。

オープンキッチンやアイランドキッチンなども素敵だと思いませんか。

オール電化住宅と高気密・高断熱、この組み合わせは様々な面で大きなメリットをもたらしてくれます。

オール電化住宅を選択するときは是非、高気密・高断熱の住宅にすることを考えてみませんか。

店舗CGパース・商業建築パースは店舗プレゼン.netにお任せ下さい 建築パースを使った良質なプレゼンをサポート